教えましょう!レンタルサーバー

  • TOP > 
  • 転送量

転送量

私が最初に対外部向けのサーバーを構築したときに、業務上必要となりそうなことを、いろんな方面から検討したのですが、本当に難しかったです。選ぶポイントというのは、一般に、「料金」「容量」「機能」「サポート体制」「転送量」あたりがあるのだと思います。人によっていろいろ検討ポイントがあると思うのですが、僕はなにより重要視しているのは、「転送量とその転送速度」です。
なぜ転送量と転送速度かというと、結局、重要なのは、ユーザーのレスポンスという事になるからです。もちろんやりたいジャンルによるものだと思いますが、私の構築したサーバーは、とにかく、動画や画像を大量に使うものですので、データの送受信をとにかく多く行います。外部向けのサービスは、結局、ユーザさんが何回サイトに入れるかが勝負ですから、レスポンスの速度が非常に重要です。データの転送できる量や速度は、結局このレスポンスの限界点を支配してしまうわけですから、このスペックが低いと、ユーザ数が減ってしまうというわけですね。レンタルサーバーというと、ついつい容量が大きくところに目がいってしまいますが、そういったところも注意すると良いと思います。

Copyright 教えましょう!レンタルサーバー All rights reserved.